こに歯学|歯科の記事

フェルールのない残根の歯も抜かない

2019年2月6日

 

フェルール(Ferrule)とは

フェルールは管の端を補強したり,内径を小さくするために使われる短い輪や釣りではつなぎ竿の継ぎ目を意味する言葉です.

歯科では歯にクラウンをかぶせる際にクラウンが抱え込むことのできる歯質をフェルールといいます.

この部分で歯を把持してクラウンが脱離しにくくするのと同時に歯の破折を防ぐ効果があるとされています.

もちろんフェルールはあるに越したことはないのですが、それが確保できないからといってクラウンが入れられないというわけではありません.

フェルールを確保するためにクラウンレングスニングといわれる観血処置もありますが、歯槽骨をはじめとした健康な歯周組織を除去してしまう手術でその長所と欠点を考えるとあまりお勧めではありません.

 

フェルールが確保できないとクラウンがとれやすい

「残根で抜かなければいけないといわれたが、抜かなくてはいけないのでしょうか?」

不安げな面持ちで中年の男性が来院しました.

当該の歯には脱落したクラウンが仮りのセメントでつけてあります.

今のところ痛みもなく、とれてしまうこともなく、仮りのセメントで十分機能しているようです.

あわてて抜く必要はないのに、セカンドオピニオンで訪れた10軒近くの歯科医院ほとんどで「抜歯した方がよい」と言われたそうです.

歯科医が抜歯という理由は、しっかりしたクラウンをかぶせるには、残存歯質が足りなくてフェルールが確保できないからというものです.

このフェルールが確保できないとクラウンがとれやすかったり、歯が割れてしまったりする可能性が高くなるので、かぶせることが目的の歯科医はフェルールがない歯の補綴を嫌います.

 

「フェルールが確保できないと抜歯」は歯医者の身勝手

残根状態の歯でフェルールが確保できないからといって、その歯を抜いてしまう歯科医が多いのですが、それは歯医者の身勝手だと私は思います.

クラウンを入れること、補綴物の長持ちが歯科治療のゴールではないからです.

健康な口の状態を確立してそれを長年維持するのが歯科治療の目的であるはずです.

その歯を保存するためには何をするべきか考えるべきで、補綴物を考えるのはその後です.

補綴をどうするかを先に考えて抜歯の判断をする歯科医は“もうけ主義”といわれても仕方がありません.

歯の治療は老朽化した機械の部品を交換するのとはわけが違います.

世間には、歯周病やむし歯で弱った歯を使い物にならなくなった部品のように考え、新品のインプラントやセラミックという部品と取り替えることに血道をあげている部品交換業の歯医者がたくさんいます.

病んだ歯は老朽化した部品ではありません.

歯は身体の一部です.

機械のように部品交換をすれば元に戻るものではありません.

手当てをし、いつくしむことで、体の一部として大切にすべきものだと思います.

 

フェルールが確保できない残根の症例

抜かずに治す歯科治療では、残根状態の歯でも歯根膜の支持がある程度残っているものはその歯の実力に合わせた補綴処置をおこなっていきます.それで十分機能させることができます.
フェルールの確保できない残根(黄色矢印) フェルールが無い状態で、15年以上ブリッジの支台歯として機能しました

 

 

 

-こに歯学|歯科の記事
-,

© 2020 小日誌《こにっし》 Powered by AFFINGER5