こに視点

 

私は40年近く臨床に携わっていますが、来院される患者さん話を聞いたり、口の中を拝見したりするたびに、最近の日本の歯科医のでたらめさに呆れかえることが多くなっています.

私が年をとったせいなのか、実際に歯科医のレベルが落ちているからかなのかはよく分かりませんが、日々の臨床で体験する現実の歯科医療について報告したいと思います.

 

インプラント、歯科医の勧めを鵜呑みにしないで

  「ダメな歯は早く抜いて、自分の歯のように噛めるインプラントを入れましょう」dentist   konishi歯科医のこのことばをうのみにしない方がよいと思います.この発言にはい ...

歯科治療のゴールはかぶせることでもインプラントを入れることでもありません

  抜かない治療とインプラントは相いれない 「“抜かない治療”という歯科医院を隣の県でみつけたが、そのホームページに“インプラント”を推奨すると書いてあったので、どうも信用できなくて東京まで ...

歯科医院経営のためのインプラント

    2019年3月14日付で、国民生活センターがインプラントに対する注意を喚起しています. 以前からインプラントのトラブルが問題になっていましたが、相変わらず多くの歯科医がその ...

歯科の自費治療とその害

  歯科医の過剰が無謀な自費診療の増加を招いている 歯科医師過剰問題 最近、歯科医療のトピックスとしてよく取り上げられるのが「歯科医師過剰」の問題です. 厚労省によると、1982年に5836 ...

no image
心が通じ合う歯科治療

  「困った、何とかしなくては」という患者さんの思いと、「大変だろうな、何とかしてあげたい」という歯科医療者の心が通じ合わなければ、歯科治療は成功しません. コミュニケーションの重要性 歯科 ...

歯周病は怖いと大げさに言うわけ

マスコミやインターネットで歯周病と全身疾患との関連を取り扱うペリオドンタルメディスンの話題が取り上げられています. 「歯周病はあなたの全身をむしばむ」あるいは「歯周病菌があなたの命を狙っている」などと ...

不安をあおる歯科医療

  ネットでもテレビでも患者さんを不安に陥れるような情報が氾濫しています.その内容を頭から信じてしまうととんでもないことになってしまいます.これらの発言は世の注目を集めるために針小棒大に語ら ...

病む日本の歯科医療

  来院した患者さんの話を聞いていると、同じ歯科医の免許をもっていても、その知識や技術、倫理観には雲泥の差があるということをつくづく感じます. 歯科医選び、特に補綴処置に関しては慎重にお願い ...

自費診療のキャッチフレーズには裏がある

    歯科治療には犠牲がつきもの 『なんでもバリバリ食べられる歯』 『若々しく美しい口元』 『笑顔からこぼれる白い歯』 これらのキャッチフレーズが歯科治療の目標の一つであることは ...

高額な自費治療の後始末は大変です

  具合よく長持ちしてこその歯科治療 片山恒夫先生 『信用されようと好感を与えるのに腐心し、機械設備を飾り、巧妙に説明したとて、かえって用心される. その上結果が不味ければ一層悪い. 具合よ ...

投稿日:2019年4月28日 更新日:

Copyright© 小日誌|街の歯医者の歯の話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.