小日誌は小西歯科医院のブログです

「小日誌」は小西歯科医院のホームページの一部として始まりました.

ホームページのスタートは1996年だったので、かれこれ20年以上も書き続けていることになります.

当初は身辺雑記が中心だったのですが、徐々に歯科に関連する記事が多くなってきました.

 

カテゴリは4つあります

歯科治療や歯科医学など歯科全般の記事です.

 

日常臨床で感じる日本の歯科事情について書きます.

 

臨床心理学や人文科学など他方面から考えます
身の回りのできごとを書きとめます.

 

カテゴリ別新着記事

【こに歯学】

「重度歯周病は早く抜いたほうがよい」というウソ

  歯周病関連のホームページに重度歯周病の抜歯についてのQ&Aが載っていました.   patient1歯周病の歯を抜いた方がよいといわれました.治療をしても自分の歯は残せな ...

「抜かないと隣の歯の骨まで溶けてしまう」というウソ

「歯周病の歯を無理して残しておくと、隣の歯の骨まで溶けてしまうから抜いた方が良い」というのは多くの歯科医が歯を抜きたいときに口にするセリフです. しかし、そのようなことは一切ありません.   ...

 

【こに視点】

インプラント、歯科医の勧めを鵜呑みにしないで

  「ダメな歯は早く抜いて、自分の歯のように噛めるインプラントを入れましょう」dentist   konishi歯科医のこのことばをうのみにしない方がよいと思います.この発言にはい ...

歯科治療のゴールはかぶせることでもインプラントを入れることでもありません

  抜かない治療とインプラントは相いれない 「“抜かない治療”という歯科医院を隣の県でみつけたが、そのホームページに“インプラント”を推奨すると書いてあったので、どうも信用できなくて東京まで ...

 

【こに思考】

個々人に合わせたオーダーメードの歯周病治療が必要です

  近代科学を成立させる原則の一つに「普遍性」があります. 普遍性だけに頼って歯科治療を進めると、その人の生活のあり方や考え方が忘れ去られてしまいます. 歯周病治療で個々人の生活や考え方を考 ...

特定病因説が通用しない病気があります

  「病気にはその病気特有の原因があって、その原因を除去すれば病気が治せる」という ことが分かったのはそれほど古いことではありません. この考え方を”特定病因説(とくていびょういんせつ)”と ...

 

【こに私】

片山式ブラッシングの教え:人に頼るな、自分の頭で考えよ

  片山式ブラッシングを教えてください 「片山式ブラッシングに挑戦したいのだが、どのような歯ブラシを選べばよいのか教えて欲しい」という問い合わせがありました. しかし、残念ながら片山式ブラッ ...

淡如水-淡きこと水のごとし:山頭火と小西家

  文人悪食の山頭火 嵐山光三郎 さんの「文人悪食(ぶんじんあくじき)」は、文人と食べ物のことについて書かれた本ですが、この中の文人の一人として種田山頭火も取り上げられています. 山頭火は自 ...

 

記事一覧

投稿記事の一覧はこちら

 

 

 

投稿日:2019年4月14日 更新日:

Copyright© 小日誌|街の歯医者の歯の話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.