こに視点|現代日本の歯科事情

授乳中の抗菌剤や鎮痛剤の服用は避けてください

2016年5月8日

そちらにジスロマックはあるでしょうか

後片付けを終えて、診療室の明かりを消すと同時に電話の呼び出し音が鳴りだしました.

受付に戻って受話器をとると、若い女性の声と赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました.

「腫れと痛みがひどくて歯医者に今日も行ったんですが、よくなりません.友達の歯医者に相談したら抗菌剤を変えたほうがいいと言われたんですが、そちらにはジスロマックはあるでしょうか?」

そんな内容の問い合わわせでした.

 

歯科医の指示は服薬と歯みがき

2、3日前から左下が痛くなりだして、歯医者に行ったところ、奥歯が歯周病で腫れていると言われたそうです.

抗菌剤(フロモックス)と鎮痛剤(ロキソニン)を処方してもらって、右下をよく磨くようにと指導されたので、薬を毎食後服用して、歯間ブラシなどで一生懸命歯磨きをしていたのですが、痛みはなかなか止まりません.

今日は痛み止めのロキソニンを飲んでも、痛みが治まらなくなってしまいました.

思い余って友人の歯科医に電話で相談してみたところ

「フロモックスはあまり効かないみたいだから、抗菌剤を変えたほうが良いと思うわ.歯周病の急性発作ならジスロマックが良いわよ.」

というアドバイスを受けたわけです.

 

間違った歯科医のアドバイス

うーん、と考え込んでしまいました.

歯周病や知歯周囲炎(電話をかけてきた方は歯周病ではなく知歯周囲炎でした)で腫れあがったときにはその部の安静が第一です.

歯磨きをごしごしやるのは禁物で、歯間ブラシで突っつくなどは言語道断です.

かえって炎症を助長し治りを悪くしてしまいます.

しかし、経験の少ない(かどうか定かではないのですが、少なくとも勉強不足の)歯科医はそんなことも知らないようです.

困ったことだと思います.

 

授乳中の母親に抗菌剤投与は禁忌


また、彼女には生後間もない乳飲み子がいます.

現在母乳を与えている真っ最中です.

抗菌剤や鎮痛剤は乳汁中に移行することが報告されているので、母乳を与えているお母さんは抗菌剤や鎮痛剤をできるだけ服用すべきではありません.

たとえばロキソニンの添付文書には

『授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させること。動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている。』

ジスロマックの添付文書には

『ヒト母乳中に移行することが報告されているので、授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させること。』

とあります.

抗菌剤と鎮痛剤を処方した歯科医も友人の歯科医もこのことを知らなかったとしか思えません.

 

乳児の身体はナイーブです

 

お乳に抗菌剤が含まれていても、今すぐに問題が出るわけではありません.

しかし、その子に将来どんなトラブルが起こるか、誰にも分りません.

生後間もない乳児の体はナイーブです.

大事に大事にすべきだと思います.

歯医者さん、薬を処方する時には添付文書を読むのは義務です.

もう少し勉強してください.

せめて、授乳の中止くらいは指示するようにお願いします.

あまりいい加減なことをしていると、歯医者が患者さんの健康を害する元凶になってしまいます.

 

追記

この文章を書いたとき(2016年当時)は、マイクロバイオームや現代の疫病、21世紀病と呼ばれる抗生物質関連疾患があることを知りませんでした.

しかし、最近、口腔内や腸内の細菌叢(さいきんそう)であるマイクロバイオームに関連する書籍を何冊か読み、マイクロバイオームの重要性を知り、マイクロバイオームをかく乱する抗菌剤がいかに怖いものであるかを理解しました.

特に乳児の身体に抗菌剤が入り込むことはその子の人生に大きな影響を与えるので、授乳中の抗菌剤の使用は絶対に避けるべきです.

授乳中の母親に限らず、歯科では基本的には抗菌剤は使用するべきではないと現在は考えています.(2019.2.1)

-こに視点|現代日本の歯科事情

© 2020 小日誌《こにっし》 Powered by AFFINGER5